xmkouzakaisetu

XMなら5万円の入金でさらに5万円の入金ボーナスが付与されます。

取引完了後にロイヤルティステータスのランクに応じて付与されます。

しかし、これはFX業者としては正しいビジネスモデルなので、日本国内・海外問わず多くの業者に採用されている方式です。

また、スタンダード・マイクロ口座含めスプレッドは経費計上できませんが、取引手数料は経費として計上できますので、多少税金を安くすることができるというメリットもあります。

ちなみに、最大注文数量がマイクロ口座のみ「100ロット」になります。

追加口座は合計8つまで作ることが可能です。

口座開設から、プロモーション情報、ツールの使い方、最新情報を当ブログの独自ネットワークを駆使してご紹介します。

XM口座を開設:ZEROは非常に悩ましい

xmkouzakaisetu

個人的には、ZEROは非常に悩ましい口座であり、開設する際に悩みのもととなる印象である。

ハイレバレッジでお願いします。

スプレッドは重大発表の時でも制限がなく、フラクショナルピップ価格設定でタイトになっています。

開設フォームを開きましょう。

通貨量が多ければ多いほど、得られる収益が大きくなるのです。

魅力たっぷりの特典を有効に使って行きましょう。

XM口座開設:トレーディングツールはMT4

xmkouzakaisetu

投資先は主には米国株式で長期保有を前提に投資銘柄を選定しています。

気になる方は、動画も参考にしてください。

トレーディングツールは「MT4」を利用しており、しかもEA、エキスパートアドバイザーを使って自動売買もできますので、新たな取引にも挑戦が可能です。

では、早速開設を行ってみましょう。

取引の目的および性質…選択肢が表示されるので選択しましょう。

ちなみにゼロ口座はUSDJPY.(ドット)がついていて、同じように専用通貨として扱われています。

実は3つの口座タイプの違いはわずかです。

海外FX会社を利用する事はハイレバレッジ取引や豊富なボーナス、クレジットカード入金などの大きなメリットがあります。

開設で3000円、入金ボーナスの累計50万円

最大レバレッジは、基本888倍ですが、口座残高が$20,001~$100,000になると200倍、$100,001~は100倍となります。

スタンダード口座とマイクロ口座については、取引ロット数くらいであまり違いはありません。

口座タイプは取引する際のロットなどに影響を与えますので、それぞれ自分の取引方法などから考慮して選択する必要があいります。

各口座タイプによるサービス内容の違いをまとめると以下のようになっています。

各業者毎のボーナスを活用しながらトレードをより有意義に行いましょう。

Pips表記じゃ分かりにくい!手数料を日本円で教えて!という方向けに、円に換算した表を用意しています。

XMマイクロ口座なら、3,000円でドル円が約20ロットほど取引できます。

郵便番号:ハイフンは不要です。

TitanFXにはボーナスやポイントは一切ない

TitanFXには、ボーナスやポイントは一切ありません。

なぜなら、マイクロ口座では、1回の注文の最大通貨量は10万通貨だからです。

初心者トレーダーには理想的な学びの場で、口座タイプは3つあり、トレーダー別の特定ニーズによって、あらゆるタイプのトレーダーにサービスを提供しています。

例えば、1ドル100円を通算1Lot(10万通貨)往復取引すると1,000円の手数料が発生し口座から差し引かれます。

無料VPSが利用できます。

しかし、スタンダード口座は1ロット:100,000通貨です。

このページでは口座タイプ「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」の違いと特徴を紹介して行きます。

取引手数料+スプレッドのコストがかかるZERO口座

上述したようにマイクロ口座は10通貨から取引OK。

ただし、最大レバレッジは500倍、ボーナス権利なし、CFD銘柄取引不可、最低入金額100ドル以上と多くの制限があるのがデメリットです。

ただ、国内FXと比較した際に若干スプレッドが広いのでは?それで利益率は確保されるの?と言った疑問が浮かび上がるかと思います。

こちらの記事をご覧いただくことにより、これからFXで資産を増やしていくにあたり、どちらの口座を選べばいいのか、そのあたりも非常に参考になるかと思います。

1ポイントが0.1pipsなので4pips離れた価格からでないと、注文が通ることはないということです。

口座タイプでは3種類あります。

スタンダード口座は、専業トレーダーにもおすすめです。

取引が成立すれば、注文がそのままカバー先の銀行に流れるので透明性が高いです。

ZERO口座は少し特殊で「最大レバレッジが500倍まで」「取引手数料が掛かる」「スプレッドが狭い」という特徴があります。

Zero口座が気になる方は後で変更出来ますので心配ありません。

XM口座開設:自身にあったタイプを探して

xmkouzakaisetu

当ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。

利用しない口座がある時には口座解約をしておくと良いでしょう。

用意されている口座の中でマイクロ口座のみロット単位が少ないということは、FX初心者用に用意されている口座タイプであるとも取れます。

こちらも、マイクロ口座とスタンダード口座のみで利用できるサービスです。

最小取引量および最大取引量は口座タイプによって変化します。。

海外業者の中では、このようなセミナーを実施している業者はなかなかありません。

細かい事を書いても、読む気なくすと思うので、ざっくり書いておきます。

別のサーバー、レートを仕立てている

スタンダード口座、Zero口座も例外ではなく1lotは10万通貨です。

実際の証拠金で異なりますが、ハイレバレッジでは「損切り幅=強制ロスカットの距離」。

下記ではスプレッドに関する詳細な情報をお伝えできればと思います。

※ 以下の表は横スクロールが可能です。

レバレッジもさることながら、ロスカット水準も20%以下と最高水準です。

XM口座を開設:ボーナスの金額は変わらない

xmkouzakaisetu

やっと現実的な金額になってきました。

$500(相当額)までの100%入金ボーナスをすべて受け取ったら、次は$4,500(相当額)までの20%入金ボーナスを獲得できます。

3種類の口座タイプがありますが、一番おすすめと言えるのは断然「スタンダード口座」。

マイクロ口座は先ほどの通りスタンダード口座と比べた場合にメリットがないため選択肢には入りません。

バイトの時給よりちょっと高め。

これから開設をされる方は下記をご参照ください。

マイクロ・スタンダード口座を開設をしても、ボーナスの金額は変わらないでしょう。

ちなみに、Zero口座も専用のチャートが配信されており、末尾に「.」(ドット)が付いた銘柄のみ取引できます。

最初はスタンダード、その後、ZERO口座がいい

しかし888倍のレバレッジを利用することが可能です。

そのため、この時点ではそこまで悩まなくて大丈夫です。

海外FXのXMには以下3つの口座タイプがあります。

私は当初からデモ口座がリアル口座のパフォーマンスと違うことを知っていたので、少ない投資額で早くリアル口座を使ってみたかったのでマイクロ口座を最初に開設しました。

もちろん、口座をひとつに絞る必要はなく、それぞれのトレードに合わせて口座を変えてもよいでしょう。

スタンダード口座の最小スプレッドはUSD/JPY、EUR/JPYだと1.0pip、GBP/JPY1.8となっています。

ちなみに10万通貨ポジると、1pipsの変動で1,000円ほどの増減となるため、ハイリターンを求めるトレーダーならば、やはり10万通貨は1つの基準となってくるだろう。

XM口座開設:代表的な通貨ペアのスプレッド

xmkouzakaisetu

ボーナスに関しては興味がなく、それよりもより有利で快適な取引環境を求める方に、Zero口座はお奨めできます。

「開設3,000ボーナス」「500ドルまでの100%入金ボーナス」「4,500ドルまでの20%ボーナス」そして「ロイヤルティプログラム」と非常に豪華なボーナスを用意しています。

多くの日本人トレーダーが愛用する「XM」を例に見ていきましょう。

その商品の中には350以上のCFD(差金決済取引)のほか、57の通貨ペア、5つの仮想通貨CFDなどがあります。

レバレッジは888倍です。

ただ、金額規模が大きくなりますとさすがに提供される「レバレッジ」は減少することになります。

一般的にはスタンダード口座で開設する人が多い

各提携海外会社のスペック・詳細情報をご確認いただけます。

例えば、1ドル100円の時の10XMポイントの価値は333円分の証拠金となります。

これは、キャッシュバックサイトを利用する大きなリスクとなるのです。

マイクロ口座では、最大で100ロット。

ただし、スタンダード口座でも最低単価0.01Lot(100円程度)で設定できます。

そして、スタンダード口座でレバレッジを大きくすることには、メリットがあります。

最大レバレッジは888倍。

ホームページでスタンダード口座とゼロ口座のスプレッドを確認することができます。

外貨建MMFでも為替差益で課税される

xmkouzakaisetu

上記の公式ペーシより口座開設を行います。

ゼロ口座は他の低スプレッド業者に負けないスプレッドなので、頻繁に取引するトレーダーやスキャルピングをする人はゼロ口座で取引してみましょう。

そのほかの口座は取引手数料無料なので、スプレッドの負担だけで済みます。

pipsで換算すると1.0pips程度になります。

そのうえで、XMの手厚いボーナスを利用したいのであればスタンダード口座がおすすめです。

英語表記での住所の書き方が分からない場合は、日本語表記から英語表に変換してくれる便利なサイトがあるのでそのようなサイトを利用しましょう。

ではそれぞれの口座タイプ別により詳しく特徴をチェックして、おすすめできる取引スタイルを見てみましょう。

入金ボーナスも100%が付く間は効率が良い

つまり、単純計算で最低10通貨から取り引きができることになります。

ここが誰にとっても重要な点になります。

初心者はマイクロ口座からスタートして、慣れたらスタンダード口座に変えるのもアリです。

マイクロ口座の利用はあまりおすすめしません。

XMの説明では、世界的なレベルでは7割以上がスタンダード口座の利用者が多いようですが、マイクロ口座から利用してもまったく問題はありませんので、あくまで投入資金と売買スタイルから選択して構わないでしょう。

セールスポイントとして高額ボーナスがありますが、ゼロ口座では初回開設時の3000円しかもらうことができません。


管理人的には、スタンダード口座とZero口座がおすすめです。

1ロットと0.01ロットでは100倍の差があるのですから、十分に気をつけて・・・・。

XM口座開設:MT4のログイン方法について

xmkouzakaisetu

デモ口座、リアル口座の開設方法にだけでなく、口座開設後のMT4へのログイン方法についても詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

XMスタンダード口座を選択した場合の通貨ペア一覧です。

2014年、2文字ドメイン(xm.com)の取得を機に、サービス名をXM(エックス エム)に統一し、現在では、顧客数100万人を超えるメガブローカーとして、世界約40カ国、25カ国の言語でサービスを提供。

統括してまとめると、上記の特徴や違いから口座を作成する際は「スタンダード口座」が一番効率が良いと言えます。

そのため口座開設ができればすぐに3,000円分をお試しでトレードすることが可能となります。

以下の項目はマイクロ口座とスタンダード口座で共通となっています。

XMは2009年に設立された海外FX会社です

約1分くらいで追加開設できますので、是非とも取り組んでみて下さい。

スキャルピングのような短期売買でスプレッド支払いが多くなる取引スタイルを採用している人は、ZERO口座の利用が向いている。

以上の場所から、口座開設時に選択してください。

TwitterでFX予想やトレード戦略をきまぐれに記載しています。

管理人が思うに、海外FX取引の醍醐味はハイレバレッジを活かした少額入金でのダイナミックトレード。

Zero口座は、スプレッドが極めて小さい(狭い)のが最たる特徴です。

現在は、口座開設時や入金毎に付与される証拠金ボーナスに加え、取引毎に獲得するポイントなど、最も特典の多いFXブローカーとしても知られています。

キャッシュバックサイトは顧客に大きなマージン(紹介手数料)をバックしなければ、顧客が増えません。

マイクロとスタンダードでは約72%がスタンダード

狙うpips数にもよりますが、デイトレードも少し厳しめかもしれません。

『一回一回のトレードで多少不利になっても、最初から大き目のポジションを持ちたい』という場合は、XMの方がTitanFXより有利だと言えます。

スタンダード口座で「USDJPYmicro」を取引したり、逆にマイクロ口座で「USDJPY」を取引することはできませんので注意しましょう。

スワップの受取時間も早朝のため、FX業者がスプレッドをわざと広げているという話もあります。

銀行送金についてはこちらも多くの取引業者で利用することができますが、他の方法よりも入出金日数が多くかかったり(2~5日)、送金手数料などの各種手数料が数千円程度発生するなどの欠点があります(XMについては以下を参照)。

残高を残したまま放置すると損なので、出金してしまうか使ってる口座に資金を移すのを忘れないようしましょう。

スタンダード口座とマイクロ口座は、レバレッジ888倍です。

XM口座開設の仕様の比較表です。

複数のポジション開くことが可能

以下の数字は1ポジションあたりの数となり、複数のポジション開くことが可能です。

しかし1ロットあたりの通貨量が多くても、0.1ロットや0.01ロットの取引が可能なのであれば、1ロットあたりの通貨量が少ないFX会社とリスクは変わりません。

ただ、同一アカウントで異なる口座タイプを使うことは可能です。

外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす。

マイクロ口座はスタンダード口座の100分の1となります。

そのためどちらの口座を開設するか迷った場合には1000通貨未満でトレードをする場合はマイクロ口座を、1000通貨以上でトレードをする場合はスタンダード口座開設するという判断方法が有効です。

最大レバレッジは、スタンダード口座では888倍ですが、Zero口座では500倍となっています。

スキャルピングEAを使用したいのですが、スタンダード口座ではスプレッドが広いのでマイナス決済になります。

日足、週足チャートがベースです

従って最小取引量と最大取引量も異なります。

やり方や注意点は以下の記事でまとめているので、参考にしてみて下さい。

XMではスキャルピングでのFX取引は容認されており、スタンダード口座でのスキャルピングも可能です。

私は超ハイレバ取引を推奨していないため、注目してほしいいのは「平均スプレッド 0.1pips~」だ。

1ロットサイズが10万通貨で、取引の最小サイズは0.01ロットで、最大は50ロットです。

口座タイプは公式ページの、「マイアカウント概要」で確認が可能です。

一方で海外の業者は日本の法律適用外なので、業者側が好きなように最大レバレッジを設定できるというわけです。

自己資金がなくてもボーナスだけで取引を開始できる

基本は、XM口座開設をスタンダードですることが推奨されます。

FX取引においては通貨量は収益に直結します。

有料の自動売買ソフトを購入する場合は、利益回収が見込めるかどうかも考えてから購入する必要がありそうです。

ボーナスをもらえる定番のスタンダード口座で初めてみましょう。

Zero口座でもCFD商品の取引自体は可能ですが、ECN取引に対応していません。

ということで今回は管理人の体験も交えながら、あなたのXMでの口座選びをサポートすることを決心した次第です。

外国為替取引には高いリスクが伴います。

XM口座開設:リベート率を比較してみた

xmkouzakaisetu

まずは違う項目だけピックアップして、特徴をまとめておきます。

海外FX のスプレッドは、国内と比べ広いと言われていますが、その分メリットもあります。

XMではスプレッドは変動性を採用しているため、重大指標発表時や価格の急激な変動によってはよりスプレッドが広くなる場合があります。

いずれの書類も、スキャナーでスキャンしたものでも良いですし、スマホで撮ったものも使えます。

また、ボーナスも適用対象外です。

それぞれの口座には細かい特徴がありますが、慣れていない人はどれを選べばよいか迷ってしまいそうです。

XM口座開設スマホから出金するとボーナスが残念ながらゼロになってしまいます!しかも出金した割合のボーナスだけではなく、その口座のボーナスがゼロにリセットされます。

やはり、少額から大口ロットまで幅広く対応できるスタンダード口座が断トツ人気なんですね。

認証コードを入力し確認をクリックします。

登録したアドレスにメールが届く

このボタンの有効期限は24時間です。

スタンダード口座、マイクロ口座にはこの手数料はかかりません。

XMは日本人利用者が非常に多く、ネット上に日本語の情報がたくさん上がっているため、わからないことがあっても簡単に解決できます。

また、マルチコアCPUでの処理が最適化されたため、高性能なパソコンであればそのスペックを惜しみなく活かせるようになりました。

取引手数料を含めても1取引あたりの取引コストは、スタンダード口座やマイクロ口座よりも安くなっています。

スプレッドの紹介をする前に、1つだけ知っておいて欲しいことがあります。

XM(エックスエム)は「追証ゼロサービス」を導入しています。

一人最大8口座まで所有できる

XMにはスタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座の3種類があります。

口座開設タイプの違いとオススメの口座タイプをご紹介しています。

1ロットの取引はFXに慣れるにはよいですが、利益を上げるのであれば、最大ロットである50ロットでの取引が1番効率がよいです。

Zero口座は、どのような人に向いてる口座か。

スタンダード口座のスプレッドは、他の海外FX業者と比較しても平均的です。

1ロット=1000通貨、最低入金額5ドルでトレードができる初心者向けの口座のことです。

口座開設とMT4のダウンロード・インストール方法については下記の関連記事を参考にしてください。

スタンダード口座は3つの口座タイプの中で最も利用者が多いことが特徴です。

1ロットあたり5ドルの取引手数料が発生します

複数の口座開設したときに、ボーナスが付与されている口座から資金移動するとボーナスが消えてしまうことにも注意しながら、この口座を活用してみてください。

では「全くの初心者が口座を開設するなら、どの口座をどんな順番で開設するのが良いのか?」を、私なりに考えてみたいと思います。

取引レポートなどが毎朝届きますので、普段お使いのアドレスを入力してください。

この3つはトレードしていく上で大きなものになります。

まとめると、ロット数を落としたい人は、マイクロ口座のmt4(メタトレーダー4)。

ロースプレッド重視でトレードを行う場合は、TitanFX、AXIORYに軍配が上がります。

このプログラムに参加することで、FXトレードをするたびに、XMポイントを貯められます。

スタンダード口座やマイクロ口座で得たボーナスを、資金移動でZero口座にもってくることも不可能です。

XM口座開設:口コミ・評判の一部を見てみる

xmkouzakaisetu

次に、XMについての口コミ・評判の一部を見ていきましょう。

MT4の操作やFX取引に慣れていない人は、間違えて高額取引をしてしまう可能性もあるので、最初はスタンダード口座は避けるのが無難かと思います。

これにより、1回のトレード当たりの利益は減り、全ポジションが勝ちトレードでないと資金効率が下がります。

最初に『リアル口座の登録1/2』という登録フォームが表示されます。

強いて挙げるとすれば、スプレッドが少し広いことぐらいでしょうか。

手数料を比較すると、片道当たり1.5 USDの差があります。

投資と違い先が予想できません。

ボーナスがあるのはトレーダーにとってメリットが多い

この理由は、Zero口座の最大レバレッジが500倍なので、証拠金維持率を1000%程にした場合、取引できる量がスタンダード口座より少なくなるためです。

ボーナスがあるのは、トレーダーにとってメリットが多く、最小ロットで取引する場合にもボーナスを上手に獲得することで、有利にトレードが進められます。

XMボーナスは口座ごとについてあり、一つの口座から出金するともう一つの口座のボーナスに影響はありません。

ゼロ口座ではXM側の手数料をユーザーのために極力縮小したサービスです。

ZERO口座にピッタリなトレーダーは以下の通りです。

参考にしていただけるところは参考にしつつ、ご自身の取引経験や目的に応じてピッタリの口座を選びましょう。

1取引毎のロット制限は100ロットとなりますが、個人投資家が利用するのには十分な規模といえます。